資格

【ITパスポート】勉強日数2日で合格した話【資格】【文系】【就活】

資格

こんにちは!yuuです。

今回は僕が就活生の時に取った『ITパスポート』という資格を、何で取ったのか、どんな勉強方法で勝ち取ったのかについて話していこうと思います。

ただし、最初に言っておきますが僕がやった勉強法は博打的な要素が強く、しっかり確実に合格を目指したい人にはおすすめできません。(確実に受かるには僕がやった勉強法を2回繰り返せばOKです)

資格は取りたいものの勉強はだるい!いやだ!という方、試験まで1週間切ってるけどまだ何もしてない!という方、この記事が役に立てば幸いです。

ITパスポート取るべき?

IPA

文系学部生だった僕が就活でエンジニアを志望するにあたって、さすがにIT知識ゼロで選考に挑むのは無謀、軽装備だなと思ってました。

そんな文系・IT系志望の就活生に信頼と自信を与えてくれるものとしてITパスポートという資格は絶対取るべきだと僕は思います。

ビジネスの世界では「○○できる自身あります!」「忍耐強いんでがんばれます!」といった熱意はもちろん必要で求められる要素かと思いますが、それ以上に「成果、実績」に目を向けていると僕は就活を通して学びました。

なので、どんなにITの知識・資格ゼロの文系がIT系の選考で、「昔からゲームやコンピュータに興味あったので頑張れます!」といった熱意を伝えても向こう側は「うーんいまいち納得できないなぁ(こいつ嘘ついてるんかなぁ)」と信じてもらえません。

信じてもらうには「目に見える形ある裏付け」を示しましょう!それがITパスポートという資格なんです!

ITパスポートをとることで、何も情報系の資格を持っていない文系IT志望のライバルを大きく出し抜くことができます。

(ITパスポートのリンク貼っておきます→【ITパスポート試験】i パスとは

勉強日数2日!?どうやって勉強した?

僕がITパスポート獲得するのに使った教材は、『いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集』(出版:SBクリエイティブ、著作:高橋京介)1冊のみです。他にネットで過去問見たりとか一切やってません。ほんとこれ1冊です。
(ちなみに僕が購入したのは2019年度版です。この参考書は毎年改定されているみたいなので購入するときには最新版を確認してください。→Amazon.co.jp:いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集

ITパスポート試験は基本的に毎週土日に全国いたるところで開催されています。【ITパスポート試験】試験開催状況一覧最初、僕は「1ヶ月コツコツ勉強していけば確実に取れるな」と踏んでいて前もって試験の予約を1ヶ月後に入れました。参考書もこのタイミングで購入しました。

しかしそれから、真面目系クズの僕は、あと4週間もある、あと3週間もある…と試験勉強の先延ばしをしてしまいます。(はぁ

そしてついに試験当日3日、2日前あたりなってじわじわと「このまま試験迎えるのか、やばいんじゃないか」と感じるようになりました。(遅すぎ)
資格の難易度は簡単とはいってもさすがにノー勉じゃ受からないですよね。

試験2日前になって、本格的に試験勉強を開始。
2日前の午後から食事、風呂、睡眠以外はすべて勉強に当てました。
人間って不思議で危機感を持つと頭が活性化して集中できるようになるんですよね。

『いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集』は厚さが2.5㎝程と、比較的分厚い参考書です。

しかし、中を開けてみると文字は大きめで、誰にでも理解できるような文章で、それが丁度いいコンパクトさにまとめられています。また、重要ワードは赤で強調されているため、ページを俯瞰した時、「ここでは○○について説明しているんだな」と捉えやすく、「ここは解説なしでもわかるわ」ってところは赤文字周辺だけ読むということもできるため、割とすらすらページが進みます。「もうこんなに読み進んだのか!」てことがしばしありました。

また、項の区切り区切りにその範囲の過去問が設けてあり、学んだ内容をすぐにアウトプットすることができます。

読んでいくポイントとしては、「よし暗記するぞ!」ではなく、「なるほど、へーそうなんだぁ」て理解しながら読むこと。

ひたすらじっくり通読してました。一度読んだページは二度と読み返すことはなく、一回全集中で通読し(設問はやったりやらなかったり)、次にいちから問題だけやってさらに理解を深めよう!と最初の5%ぐらいやったところで試験突入してしましました。

試験はPCで行い、終わり次第採点結果が表示され、すぐに合否がわかります。正直、問題解き終わって採点結果見る間はどうせ落ちてんだろうなーてほぼ諦めモードですでに落ち込んでいました。しかし!、結果はギリギリ基準点を超えてました(驚)。

試験に合格した要因を考えてみる

試験が終わって「なんでこんなクソみたいな勉強法で受かったんだ…」と問い詰めました。

そして出た答えとしては、


勉強を始める前に試験日を予約。(必ず試験を受けなくてはいけない状況にもっていく)
強い危機感、焦燥感を持ち、それらを集中力に変換できた。(試験日を固定したからできたこと)
試験直前に知識を詰め込み、それ以外の無駄な情報(息抜きのスマホ、テレビ、ニュース)をすべて排除した。(頭に詰め込んだ知識をできるだけ傷つけないようにした。記憶の鮮度をできるだけ保った状態で試験に挑んだ)
テキストがとにかくわかりやすかった。(このテキストじゃなかったら受かってなかったかもしれない)
暗記ではなく理解をした。
わずかに予備知識があった。


この6つです!予備知識というのは一般常識みたいなものです。スマホを使っていればSDカードがどういうものかなんとなくわかる、電車を利用していれば磁気カードがなんとなくわかる、クレジットカード使っていればICチップがなんとなくわかる、こんなレベルの知識です。

この中でも何よりも重要なのは「暗記ではなく理解」に尽きます。ある程度理解して、過去問も解いて、そのうえでまだ余裕があるのなら、英語の略語とかを暗記した方がいいと思います。

最悪自分みたいに1回の理解だけで終わったとしても試験はすべて選択式なので難しいところは何となくで解いても意外と正解を導けてたりします。ノー勉の勘覚えずとも一度理解した勘では後者の方が圧倒的に正解確率が高いです。

さいごに

文系でIT系を志望している方、ITパスポートは取って損はないですよ!

そしてITパスポートの試験日が迫って絶望している方、今が試験日2日前ならまだ希望はあります!


『いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集』は自信をもっておすすめできる参考書です!名前の通りこれ1冊で合格取れます。僕はテキスト1週でギリギリ受かったので、テキスト2週もすれば確実に受かるでしょう。

それでは!

「役に立つ!見やすい!読みやすい!わかりやすい!」を心がけて、
仕事のこと、私生活のこと、気になったもの、色々発信していきます!

yuuをフォローする
タイトルとURLをコピーしました